〜 遊方ノート

〜 噺のロッキン・オン 〜

遊方を取り巻くさまざまの状況、日々の雑感など自筆エッセーを掲載しています。

〔※ 旧「遊方雑記」を継承したコラムです〕

こんな猫バカっぷりにロッキン・オン!

うちの地域は毎月末になると、「ザ・おおさか」というフリ−マガジンがポストに配付される。

配付地区は、都島区、福島区、浪速区、西区、淀川区、北区、東淀川区、中央区、そして僕の住む天王寺区の9区で、総発行部数は42万部。かなりの数だ。

いわゆる暮らしの情報誌で、各区の下に“でっせ”とタイトル付けされ中身が分けられている。例えばうちなら「ザ・おおさか〜天王寺でっせ〜」というわけだ。

さてこのレギュラ−記事の中に「ペットさん」という読者のペットを紹介するコ−ナ−があるんだけども、先月我が愛猫「ルナ」の写真を投稿したら、なんと今月号にババ−ンと採用、掲載された!!

「おぅ、いえ〜〜〜〜〜い♪」

嬉しさのあまり思わず叫んじまったぜ!

「ルナが載った!採用された!取り上げられたぜ、わおベイビ−−ッ!」

写真は猫タワ−の上で“おっちん座り”し、凜とした表情で正面を向いているモノ。その背景にはピン止めしてあるスト−ンズのポストカ−ドが写っている。

そして記事のコメントは以下のとおり。

『はじめまして、ルナです。満月の夜に、噺家の月亭遊方さんに拾われたので、“月”の意味の「ルナ」っていう名前になりましてん。飼い主に似てロ−リングスト−ンズが大好き!見た目も黒の毛皮に緑の目で、ロックな感じでっしゃろ。♪〜今も聴いてますねん、ええわぁ〜。♪サティスファクション〜だニャン!』天王寺区、ルナくん(10歳、オス)

ところでこの「ペットさん」のコ−ナ−は「西区でっせ」と「中央でっせ」にもあって、編集部の方が親切にも送って来てくれた。そこで驚いたのは、届いた5月3日は奇しくもルナを拾った出会いの記念日!ワンダホ−、いや、ニャンダホ−な祝いとなった。

僕はこ−ゆ−偶然がとても大好き。気分良ぉしていたとこへ、近所のあやめさんが娘なごみちゃんとケ−キを持って来てくれた。

ルナには缶詰&煮干しでハッピバ−スデ−。写真撮影もし、至福の一日‥‥‥あくまで僕にとってはねσ(^◇^;)。。

ルナにとってはでやったんかな。喜んでるよな。うん、きっと喜んでるに違いないよな!

まあペットを持つ人って誰しも皆んなこんなもんっしょ。その後僕はその誌面をあっちゃこっちゃに見せびらかしてる毎日(迷惑やっちゅうねん)。

「ザ・おおさか」さんにはこの場を借りて、改めて感謝!

さあて明日は誰に見せよか、誰が被害者になるのかな−(笑)。

2007年05月08日(火)07時45分 記す

▲ 画面トップへ